忍者ブログ
内科・神経内科・心療内科・鍼灸・中国医療気功(神功)のクリニック、治療院のブログです。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 60代 女性

 10年来、関節リウマチを患っており、あらゆる所で治療をされたがよい効果は得られなかったということで、当院に来院されました。
 治療当初、手首の関節、股関節を中心に、ほぼ全身の関節の痛みがひどく、体全体のだるさ、鬱症状もあり何事もやる気が出ないといった症状もありました。
 
 気功鍼を含めた鍼灸治療、痛みに対する神功気功を施術し、1回目で鬱症状が軽くなり痛みも半減しました。
その後治療を続け、現在月に2回の治療で3ヶ月目程度ですが、全身の痛みが和らぐと共に、血液検査のリウマトイド因子、CRP値(炎症反応)の数値がほぼ正常値に近づいてきています。

 

拍手[4回]

PR
 50代女性 他多数

 肩の痛み、挙上動作、結帯動作制限があり、夜間痛もありました。夜間痛があるため、睡眠も浅い状態でした。
 気功鍼、五十肩に対する鍼灸治療、また場合により局所に神功気功を施術したところ、3、4回目の治療から痛みが軽減し、夜間痛もほぼ無くなりました。夜間痛が無くなった事により、不眠状態も解消され、さらに治療効果が表れやすくなり5回目でほぼ痛みがなくなりました。

 症状が軽く、治療効果が早く出る方は1回の治療で治癒した場合もあります。五十肩は治療効果が比較的早く表れやすい症状ですので、お困りの方は鍼灸治療を是非おすすめします。

拍手[0回]

 60代 女性他 多数

 当院に来院される患者さんの多数の方は、夜間、睡眠薬や安定剤を服用されています。
 不眠症を主訴としていなくとも、問診していくと入眠障害や中途覚醒で悩んでいらっしゃる方が多いのが現状です。
 自律神経の失調から不眠を引き起こしている場合が多いので、全身の調整をする気功鍼、鍼灸治療により、大多数の方は数回の治療で眠りが深くなり、薬を減らせるようになったり、薬を飲まなくてよいようになっています。

 個人差はありますが、早い方は1回の治療で不眠が解消された方もいらっしゃいます。

拍手[3回]

 60代 男性

 随伴症状:前立腺炎に付随する下腹部痛、大腿内側痛、坐骨神経痛

 前立腺炎と診断され、薬での治療をされていましたが、あまり効果がなかったため来院されました。また、随伴症状もあり、苦痛を伴っていました。

 月に2,3回の鍼灸治療を2ヶ月程度受けられ、前立腺炎による症状はほぼなくなりました。その後は調子が悪くなりそうな時に、月に1回程度の治療を続けられ、現在は予防の為、2ヶ月に1回程度来院され、体のケアをされています。


 

拍手[2回]

 40代 女性

 月経前にめまい、ふらつき、肩こり等不定愁訴がひどくなり、日常生活が困難になっていました。
 そして、月経が始まると月経痛がひどく、もちろん肩こり、腰痛なども随伴症状として出てきておりました。

 全身の気をめぐらせ、免疫力をあげる気功鍼、ホルモンバランスを整える、婦人科系疾患に対する鍼灸治療を行ったところ、月経前のめまい等の不定愁訴がすっきりし、治療後帰るときには爽快な気分で帰られるということです。
 また、その後月経が始まっても月経痛がほとんど起こらず、随伴症状も軽く済んだという事でした。

 現在も月経前症候群改善、ホルモンバランスを整えるため、定期的に通院されています。 

 

拍手[2回]

[1]  [2]  [3]  [4
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
鍼灸・気功スタッフ
性別:
女性
自己紹介:
佐藤クリニック・東洋鍼灸気功治療院の公式ブログです。
実際の症例などの専門的な内容から趣味などプライベートに関する内容まで随時更新していきます。
バーコード
ブログ内検索
佐藤クリニック 東洋鍼灸気功治療院 ブログ 症例 Produced by 鍼灸・気功スタッフ
スノーマン Designed by がりんぺいろ 独自ドメインブログ
忍者ブログ [PR]